毎年この時期に、お店に所狭しと並ぶ来年のカレンダーや手帳を見ると「もう年末が近づいているんだな・・・」とハッとさせられます。

毎日忙しく過ごしていると、必ずやらなくてはいけない仕事や用事が優先されて、「必ずしもやらなくてもいいその他のこと」はつい後回しにしがちですが、年末は「やらなくてはいけないその他のこと」が目白押しですよね。

 

仕事納めの前には後回しにして来た仕事も年末に持ち越さず、できるだけ整理しておきたいものですし、忘年会やクリスマス、大掃除に年賀状書き・・・と、ちょっと考えるだけでもあっという間にお正月がやってきてしまいそうな忙しさです。

年、年賀状離れが進んでいると言われています。

年賀状の発行枚数も2003年の44億6000万枚をピークに、2017年には26億5400万枚まで下がったそうです。若い世代の年賀状離れがとくに顕著なようですが、クラス名簿に住所を載せなくなったことや、LINEやSNSなどの普及もあり、ある程度は仕方がないことなのかもしれませんね。

 

ひと昔(ふた昔・・・もっと昔!?)前には手書きはもちろんのこと、プリントゴッコを使ったり、ハンコをベタベタ押したり、イモ版やみかん汁であぶり出し・・・等々、それはそれは様々な手間と工夫を凝らして張り切って作ったものです。そうして出来た「作品」を乾かすために家中ハガキだらけ・・・なんていう光景を思い出す方も多いのではないでしょうか?パソコンでパパッと作成が主流な今は、なかなかお目にかからない夏下歯の光景ですよね。

 

年賀状に限らず、今はなんでもデンタル化されて便利になりましたが、昔のように「ひとつひとつ丁寧に」「一人一人のために」という気持ちも大切に、忘れずにいたいものです。

 

12月は歯科の予約も混み合う時期になります。気になる症状がある方はもちろん、年内にメンテナンスを、とお考えの方も早めのご予約をご検討ください!